高校野球に歴史あり

〜前 説〜

「祇園精舎の鐘の声。諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。・・・」
(平家物語より)
平家物語で有名なこの一節は、高校野球界にもあてはまります。一時期、一世を風靡した高校が現在は低迷していたり、かつての弱小校が強豪校へ変貌していたり、新鋭校が彗星のように現れたりしています。高校野球界も時代の流れとともに、変化しつつあります。
歴代甲子園出場校にみる栄枯盛衰の様を今昔年表で感じとって貰えたら幸いです。時代の流れを感じると思います。

 

  • 高知−高知商業の一人勝ち時代
  • 香川−高松第一から高松商業・坂出商業の時代へ
  • 愛媛−西条高校の黄金期
  • 徳島−鳴門高校と徳島商業の2強時代
  • 山口−下関商業と柳井高校の2強時代
  • 島根−出場権を獲得できない低迷期
  • 鳥取−米子東高と鳥取西高の2強時代
  • 岡山−倉敷工業と関西高校の2強時代
  • 広島−低迷から広島商業と広陵高校の復活
 
  • 高知−高知商業・高知高校・土佐高校の3強時代
  • 香川−高松商業商・坂出商業・丸亀商業の3商時代
  • 愛媛−今治西高・今治南高の今治勢の台頭
  • 徳島−J尾崎率いる海南高校の全国制覇と池田高校の台頭
  • 山口−下関商業・早鞆高校の下関2強時代
  • 島根−大社高校・邇摩高校の郡部勢の活躍
  • 鳥取−米子東高と米子南高の2強時代
  • 岡山−倉敷工業と岡山東商の2強時代
  • 広島−広陵高校・広島商業・尾道商業の3強時代
 
  • 高知−明徳義塾の台頭により4強時代へ
  • 香川−高松商業の黄金期
  • 愛媛−新居浜商・川之江高の台頭
  • 徳島−池田高校3度の全国制覇
  • 山口−宇部商業の黄金期、南陽工業の台頭
  • 島根−浜田高校第一黄金期、江の川高の台頭
  • 鳥取−倉吉北高の黄金期、甲子園で活躍
  • 岡山−岡山東商・岡山理大・岡山南高の3強時代
  • 広島−広島工業・崇徳高校の台頭で3強時代崩壊
 
  • 高知−明徳義塾黄金期を完全確立
  • 香川−尽誠学園黄金期確立か?
  • 愛媛−宇和島東と今治西高の2強時代
  • 徳島−群雄割拠戦国時代へ
  • 山口−県立光高・西京高校の台頭、久賀高校の復活
  • 島根−浜田高校第二黄金期、開星高校の台頭
  • 鳥取−鳥取西高・米子東高の2強と八頭高校の台頭
  • 岡山−岡山城東・玉野光南の新鋭校の台頭
  • 広島−高陽東高と如水館高の台頭
■年度 ■大会 ■優勝校表示 ■代表地区 ■出場校
  • データは、学制改革により新制高校の大会となった1949年度から直近大会までの成績です。
  • 旧校名時代の成績は、新校名高校の成績に継承させていません。
  • 上記各オプションをチェックして検索すると、甲子園大会出場校一覧データが表示されます。

■通算地区勝利数■

■通算地区勝率■

■選抜大会地区勝率■

■選手権大会地区勝率■

■通算出場校勝利数■

■選抜大会出場校勝利数■

■選手権大会出場校勝利数■



■1950年代■

■1960年代■

■1970年代■

■1980年代■

■1990年代■

■2000年代■

■2010年代■